お知らせ

iYell株式会社、日鉄興和不動産株式会社に住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「sumune ダンドリ」の提供を開始 〜 分譲マンションオンラインストア「sumune for LIVIO」の住宅ローンサポート 〜

iYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「iYell」)は、日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦、以下「日鉄興和不動産」)が提供する分譲マンションのオンライン購入サービスである「sumune for LIVIO」に対し、住宅ローンデスク及び「sumune ダンドリ」を提供したことをお知らせします。

iYellは、住宅事業者の住宅ローン業務のDX推進のために、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」を提供しております。これらのノウハウを駆使し、この度日鉄興和不動産がサービスを開始した、分譲マンションのオンラインストアである『sumune for LIVIO』に、住宅ローンデスクの提供及び、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「sumune ダンドリ」を組み込むこととなりました。これにより、住宅ローンの手続きのオンライン化、非対面化が可能となります。

《 sumune for LIVIOとは 》
住宅分譲事業における DX デジタルトランスフォーメーションの更なる活用と推進を目指し、2021年7月16日にリリースされたオンラインストアサービスです。このサービスを利用することで分譲マンションの購入検討から申込み手続きが24時間365日可能となります。

サービスHP:https://sumune.com/

《 住宅ローンデスクの概要 》
iYellが提供する住宅ローンデスクは金融機関の選定から住宅ローン成約まで一気通貫で代行します。これまで住宅事業者の業務全体の30%を金融機関との調整や事務手続き等住宅ローン業務が占めていました。その業務を住宅ローンのエキスパートであるiYellが行うことで、従来住宅事業者の中で住宅ローン業務にかかっていた時間が削減され、住宅購入検討者への対応に注力ができます。
iYellでは住宅ローンデスクやサービス提供の結果から、住宅ローンの業務代行における「提携金融機関数」「住宅事業者数」「利用金額」でNo.1(※)を取得するに至り、多くのユーザーにご満足いただいております。

《 「sumune ダンドリ」の概要 》
「sumune ダンドリ」は、日鉄興和不動産の「sumune for LIVIO」にて分譲マンションを購入するお客様のために開発されました。住宅ローン選びを「sumune ダンドリ」がサポートいたします。

▸「sumune ダンドリ」は、住宅購入検討から引渡しまでのタスクの見える化をします。これにより、住宅購入検討者は住宅ローン申請の際の煩雑な手続きをストレスなく効率的に済ますことができます。

《 今後の展望 》
今後も、大手不動産会社やハウスメーカーと提携を行い、住宅ローンデスクの提供を行うことで、より多くの住宅事業者様の住宅ローンに関する業務効率化をサポートしてまいります。


2021年度5月時点・2021年度結果東京商工リサーチ調べによる。
参考リリース:
住宅ローンテックベンチャーiYell株式会社、住宅ローンの業務代行における「提携金融機関数」「住宅事業者数」「利用金額」でNo.1を取得
https://iyell.co.jp/no1_202107/

《 提供先会社概要 》
会社名: 日鉄興和不動産株式会社
代表者: 代表取締役社長 今泉 泰彦
本社所在地: 東京都港区赤坂1丁目8番1号
設立日: 1997年3月24日
コーポレートサイト:https://www.nskre.co.jp/

《 会社概要 》
会社名:     iYell株式会社(The iYell Co,. Ltd)
代表者:     代表取締役社長兼CEO 窪田 光洋
本社所在地:  東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館10階
設立日:     2016年5月12日
払込資本金:  30.5億円
コーポレートサイト:https://iyell.co.jp/