お知らせ

これから成長が期待されるベンチャー企業100社を紹介する『2019年度ベストベンチャー100』に選出

テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「当社」)は、イシン株式会社が主催する2019年度ベストベンチャー100に選出されたことをお知らせします。

《 ベストベンチャー100とは 》
ベストベンチャー100とは、「ベンチャー通信(イシン株式会社)」がベンチャー企業に精通している起業家や経営者からなる審査委員を置き、これから成長が期待されるベンチャー企業を選出するものです。審査基準には「経営者の資質」「ビジネスモデルの独自性」「成長性」の3つの軸があり、具体的には「売上が右肩上がりとなっている」、「商品およびサービスに独自性がある」ことが挙げられます。

《 当社の取り組み 》
当社は「日本一ちょうどいいベンチャー企業」をコーポレートスローガンに掲げ、働きやすさ働きがいを”ちょうどよく”保ち続け、毎日を楽しく働ける環境作りを行っています。
働きやすさを高めるために、月に1つ福利厚生を導入し、働きがいを高めるために、やりたいことにチャレンジができる希望異動制度などを導入しています。
また、当社らしくビジョンを達成するための共通の価値観、18個のバリューを社員全員で作成し、バリューを浸透させるための取り組みを行っています。
これらの取り組みの結果、創業以来離職率0%を維持しています。

《 事業 》
当社は「家を買いたいすべての人に最適な住宅ローンを提供する社会の実現」をビジョンに掲げ、住宅ローンプラットフォームを構築することで、住宅購入関わるステークホルダーへのサービスを提供しています。

◆住宅事業者向け
・煩雑な住宅ローン事務作業を住宅ローンの専門家にアウトソーシングできるスマートフォンアプリ

◆金融機関向け
・多くの営業人員を割かずに住宅ローン案件獲得が可能な住宅ローン案件紹介プラットフォーム
・住宅ローンの取付から審査までの住宅ローン事務をテクノロジーを使ってサポート

◆ユーザー向け
・ユーザーの属性に合わせて最適な住宅ローンを紹介する比較相談サービス
・口コミによる信頼度を分析することでユーザーの住宅事業者選びをサポート

《 今後の展望 》
現在、国内の住宅ローン市場のみならず、海外の住宅ローン市場への参入のために、海外市場の調査を行っています。
今後、アメリカへの進出準備のため、海外事業専任の責任者、担当者の採用を開始し、グローバル採用も積極的に行っていきます。そして数年以内にアメリカ拠点を設置し、本格的に海外市場への参入に向けて事業をドライブしてまいります。