お知らせ

『リバースモーゲージの学校』を公開 ~ 安心して老後を過ごせる社会の実現に向けてのコンテンツ ~

テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:窪田光洋、以下「iYell」)は老後の住まいの悩みを解決する『リバースモーゲージの学校』を公開したことをお知らせいたします。

《 背景 》
iYellは「最高に気持ちよく暮らせる社会の実現」を長期ビジョンに掲げています。これまでは日本最大級の”住宅ローンに特化した情報”を発信する『いえーる 住宅ローンの窓口 ONLINE』や住生活に役立つコンテンツをまとめた『いえーる 住宅ローンの窓口 ONLINE すみかる住生活版』等を運営してまいりました。
現在、日本では高齢社会による人材不足や保険対象基準の変更により、医療や介護の現場が病院から在宅へ変わってきています。在宅での対応が必要になると、それまで住み続けていた住宅をバリアフリー化して機能性を高めるための工事や、自動車を使わなくても移動が可能な立地へ住みかえが必要になる等、同じ住宅に住み続けることが難しくなります。このような老後に抱える「住まい」に関する課題や検討事項は年々増加傾向にあります。
また、昨今ニュースでは「2000万円問題」が取り上げられ、充実した老後を送りたいが貯蓄に余裕がない、資産はある程度あるが将来の不安を完全に拭えてない等の悩みを抱える世帯は増加しています。
iYellは、「老後の住まい」についての課題を解決方法の一つとして『リバースモーゲージの窓口』の公開後、多くの反響があり、特に60歳代の老後資金の問題に直面している世代や、親が60代となる40代前後の世代が非常に関心が高いことがわかりました。そこで、基本の知識からバリアフリーに対応した旅行やレジャー情報まで扱った情報を発信するため、今回『リバースモーゲージの学校』を公開することとなりました。

*リバーモーゲージ:高齢者が居住する住宅や土地などの不動産を担保として、一括または年金の形で定期的に銀行から融資を受け取り、受けた融資は用者の死亡時等に担保不動産を処分し、元利一括で返済する融資制度。
URL:https://iyell.jp/reverse-mortgage/lp/

《「リバースモーゲージの学校」コンテンツ 》
■リバースモーゲージの基本
リバースモーゲージという言葉を初めて耳にする方にもわかりやすいように、リバースモーゲージの仕組みや活用方法、メリットとデメリットや種類などの基本知識を記事の形で紹介しています。また、リバースモーゲージを取り扱っている金融機関が増えているのですが、あまり普及していません。どれを選べばよいのか分からない人も多くいるので、各金融機関のリバースモーゲージの内容や特長を今後充実していきます。

■老後の暮らし
定年後、ライフスタイルが大きく変わっていくこと考えられ、30~40代でマイホームを購入すると、老後を迎えるタイミングで大規模リフォームの時期が訪れます。老後の暮らしのコンテンツには、段差や手すりなどバリアフリーに対応したリフォームを紹介しつつ、旅行・レジャーなど現役時代と違う楽しめ方も合わせて紹介します。

■老後資金の準備
老後生活に不安を持っている方に、老後のお金はどう使うのか、老後資金は独身の人でいくら必要のか、夫婦でいくら必要のか、老後資金の準備について紹介しています。また、リバースモーゲージを活用して老後資金が足りない場合の解決方法も合わせて紹介しています。

※『老後資金は夫婦でいくら必要?ゆとりのある暮らしをするためには!』より引用

《 今後の展望 》
今後iYellは既存のメディア運用ノウハウを活用し、リバースモーゲージのコンテンツを紹介するだけではなく、リアルなユーザーの声をもとに、老後の悩みを抱えるすべての人に老後が安心して過ごすための情報を発信し、そして提案するとともにp「老後快適に過ごせる住まい」の実現、更には長期ビジョンである「最高に気持ちよく暮らせる社会の実現」を目指していきます。