お知らせ

2020年度版住宅業界の重要キーワード100を公開 ~住宅ローンマーケットの変化に合わせ、現状から今後の見通しまで幅広く解説~

テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「iYell」)は、住宅業界の重要キーワード100を「いえーる 住宅研究所」に掲載したことをお知らせします。

 

《 背景 》
不動産会社/住宅会社向け情報サイト『いえーる 住宅研究所』は、業界の営業効率向上や売上増、人材育成等に貢献すべく、iYellが持つ住宅ローンのノウハウや市況情報、住宅ローン関連ほか、住宅・不動産事業様がおかれている事業環境全般に関するレポートなどを提供しています。

少子高齢化や世帯数の減少、相次ぐ自然災害により、住宅産業にも大きな変化が訪れています。新たな時代に対応すべく住宅関連の法制度、住宅マーケットの変化も加速度を増しています。これらの劇的に変化する住宅産業を取り巻く動きを捉え、新たな時代に適応したキーワードの解説が必要だと考えました。

そこで、Housing Tribune編集部(株式会社 創樹社)より提供を受け、2020年度版の住宅業界の重要キーワードを『いえーる 住宅研究所』に公開するに至りました。

《 詳細 》
現在の住宅環境を取り巻く、「住宅関連の法制度」、「住宅マーケット」、「ストック活用」、「地球温暖化問題」、「安全・安心」、「少子高齢化」、「働き方」の中から100項目のキーワードを設定しています。住宅・不動産事業様に業界情報のアップデートと将来の動きを効率的に捉えていただくために、キーワードの解説のみにとどまらず、現状から今後の見通しまで幅広く解説しています。

いえーる 住宅研究所
『2020年度版の住宅業界の重要キーワード』:https://lab.iyell.jp/blog/keyword/top

《 今後の展望 》
今後、不動産業界が抱える様々な課題を解決するために、重要キーワードの公開に止まらず、住宅・不動産事業に関わる方々に役立つ情報の調査を行い、「いえーる 住宅研究所」を通して継続的に公表していきます。
そして、iYellは住宅ローンという側面から新たな時代に適応するために、住宅・不動産事業者の業務効率化を行うことで人手をかけずに収益性を高めるサービス等の提供を行い、不動産業界全体の活性化を目指してまいります。