お知らせ

住宅ローン業務効率化アプリ「いえーる ダンドリ」のタクシー広告を3月29日より放映開始 〜 iYell初となるタクシー広告 〜

住宅ローン業務効率化アプリ「いえーる ダンドリ」を提供するiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「iYell」)は、3月29日より都内タクシー広告での配信を開始しました。


《 制作の背景 》
iYellでは住宅ローン業務を効率化するアプリ「いえーる ダンドリ」を2018年にリリースし、以後多くの住宅事業者様にサービス提供してまいりました。しかしながら、まだサービスを周知できていない住宅事業者様に向けてより多くの方にサービスを知ってもらい、少しでも業務を効率化のサポートができないかと考えこの度タクシー広告での配信に至りました。

《 タクシー広告内容 》

タクシー広告では「住宅ローンの壁」と称し、住宅ローン業務にまつわる面倒な工程や作業を表現し、面倒な業務は「いえーる ダンドリ」が解決するとの内容を伝えています。

《 「いえーる ダンドリ」の概要 》
①住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」により、住宅ローン成約から決済までのタスクの見える化をします。これにより、お客様は住宅ローン申請の際の煩雑な手続きをストレスなく効率的に済ますことができます。
②住宅ローン専門のコールセンターおよびチャットボットを通して、住宅事業者および住宅購入を検討するお客様からの相談を受け付けます。
③住宅ローンデスクが、金融機関の選定から住宅ローン成約まで一気通貫で代行します。これまで住宅事業者の業務全体の25%を占めていた金融機関との調整や事務手続き等の住宅ローン業務を住宅ローンのエキスパートが担当するため、従来住宅ローン業務にかかっていた工数が削減され、住宅事業者はお客様への対応に注力できます。また、膨大な審査申込みにより蓄積された独自のノウハウを活用し、住宅事業者の住宅ローン業務を支援致します。

《 今後の展望 》
今後も「いえーる ダンドリ」のさらなる認知拡大を図り、ネットワークを拡大していくことで、住宅事業者様の利便性の向上に取り組み、地方創生などの社会的な課題を解決する仕組み作りに努めてまいります。

関連サービス:いえーる ダンドリ
https://dandori-mortgage.iyell.jp/special/dandori-cm-ixd