お知らせ

iYell株式会社、日鉄興和不動産株式会社に住宅ローンDXサービスを提供 〜新築マンションオンライン販売『BuyTap OL Mansion Gallery』の住宅ローンをサポート〜

iYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:窪田 光洋、以下iYell)は、日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦、以下「日鉄興和不動産」)と提携し、住宅ローンDXサービスの提供を開始したことをお知らせいたします。

iYellは、住宅事業者の住宅ローン業務のDX推進のために、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」及び、住宅ローンエキスパートがアプリを通して住宅ローン業務を行なう住宅ローンデスクサービスを提供しております。これにより、住宅事業者は住宅ローン業務を削減することができます。

日鉄興和不動産が開設した、分譲マンションの購入が全てオンライン上で完結する『BuyTap OL Mansion Gallery』(以下、略称「BuyTap」)に、iYellの住宅ローンDXシステムを組み込み、住宅ローンの手続きの部分もオンライン化、非対面化を進めます。
BuyTapによる販売の第1弾である『東京・銀座トライアングルプロジェクト(リビオレゾン入船)』にiYellのシステムを提供するのを皮切りに、順次、対象プロジェクトを全国に拡大していく方針です。

《 住宅ローンデスクの概要 》
①iYellが提供する住宅ローンデスクは金融機関の選定から住宅ローン成約まで一気通貫で代行します。これまで住宅事業者の業務全体の30%を金融機関との調整や事務手続き等住宅ローン業務が占めていました。その業務を住宅ローンのエキスパートであるiYellが行うことで、従来住宅事業者の中で住宅ローン業務にかかっていた時間が削減され、住宅購入検討者への対応に注力ができます。

②住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」は、住宅購入検討から引渡しまでのタスクの見える化をします。これにより、住宅購入検討者は住宅ローン申請の際の煩雑な手続きをストレスなく効率的に済ますことができます。

③住宅事業者および住宅購入検討者は「いえーる ダンドリ」を通して、住宅ローンに関する相談をすることが可能です。

《 今後の展望 》
今後、大手不動産会社やハウスメーカーと提携を行い、住宅ローンデスクの提供を行うことで、より多くの住宅事業者様の住宅ローンに関する業務効率化をサポートしてまいります。

関連リンク:
これからは住まいもスマホで買う時代 オンライン上でマンション購入が完結する「BuyTap」 『東京・銀座トライアングルプロジェクト(リビオレゾン入船)』に導入 | 日鉄興和不動産
https://www.nskre.co.jp/company/news/2020/11/20201120.pdf