お知らせ

2018年版日本における『働きがいのある会社』ベストカンパニーにiYellが選出

 テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「当社」)は、Great Place to Work® Institute Japan(以下「GPTWジャパン」)が実施する2018年版「働きがいのある会社」ランキングにおいて、ベストカンパニーに選出、表彰されました。
* 2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングは、 「GPTWジャパン」のWebサイトをご参照ください。 URL:http://hatarakigai.info

弊社代表窪田

記念撮影

2018年2月27日に表彰式が行われ、記念撮影に弊社代表窪田が参加させていただきました。

Great Place to Work

■背景

 GPTWジャパンが実施する「働きがいのある会社」調査は、20年以上にわたり世界50か国で、エントリー企業に勤める従業員を対象に行われる意識調査です。
 当社では、「日本一ちょうどいいベンチャー企業」を目指しています。ベンチャーらしい楽しさやチャレンジスピリッツを持ちながらも、大企業らしい安心感や安定性がある、日本一働いてよかったと思える会社になるために、人材育成や福利厚生の充実等の取り組みを行っています。こうした取り組みを行ってきたことが「働きがい」向上につながり、受賞に至ったと考えます。

■取り組みについて

1) VALUE
 バリューとは、組織が共有する価値観で、社員の判断基準となる行動指針です。
 当社は、「文化や雰囲気を変わらず存続させるため、そして「iYellらしくビジョンを達成するため」に社員で合宿を行い、議論を重ね、18個のバリューを作りました。このバリューを体現している人のことを『iYellist』と呼んでいます。
 バリューを意識して行動をすることで、自然と互いを尊重し合い、成長できる文化が生まれ、働きがいのある環境につながると考えています。

2) 人事制度
 社員が自分でキャリアを決めて成長できるように、自分の成長ビジョンや経験したい業務内容・身に着けたいスキルなどをふまえジョブローテーションを申し出ることができる「希望異動制度」を導入しています。
 また、多くの企業では等級が上がると必然的にマネジメント能力が求められますが、当社では、ひとつのことを極めプロフェショナルとなる一般コース、1チームを持ち人の管理などのマネジメントもする組織コースなど、「一般」「組織」「事業」「経営」と4つのコースに分けられ、コースよって求められるマネジメント力が変わり、そのコース変更は自分の意思で選ぶことができます。
 一人一人のキャリアビジョンに合った評価を行うことで、自分が目指す能力と、会社の求める能力のギャップをなくし、正当な評価することができます。

3) 毎月ひとつ福利厚生を導入
 スタートアップのベンチャー企業で、福利厚生に力を入れている企業はほとんどないです。しかし、ベンチャー企業だからこそ、社員が安心して働くことができる環境を作る必要があります。
 社員の体調管理のため、パーソナルトレーニングができるジムが利用でき、部署関係なく交流ができるように、コミュニティスペースにフリードリンクを設置、部活動や懇親会費用を会社が負担する等の制度、女性だけではなく男性も産休を取ることが出来る「ぱぱさんきゅー制度」などを行っております。
 また、社員だけではなく支えてくれている家族も大事にしたいという思いから、家族をお祝いするための「サプライズ休暇」という休暇制度を導入しております。

■今後の展望

今後も当社は、「日本一ちょうどいいベンチャー企業」を目指し、人材育成および、社員の能力を最大限に発揮できる環境作りを続け、働きがいのある会社作りに引き続き取り組んでまいります。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

iYell株式会社
〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2-16-8 道玄坂坂本ビル9階
Tel. 03-6455-1005 Fax. 03-6455-1004
▼メールでのお問い合わせはこちら▼
https://iyell.co.jp/company/contact/