酒井 一樹

酒井 一樹
CTO

酒井一樹

2016年8月よりiYell株式会社に参画しました酒井です。主にサービスの開発を担当します。
WEB系エンジニアとして数々のシステム開発を経験した後、株式会社WEICのCTOに就任。システム開発部門を立ち上げる。
携わったサイトは不動産ポータルサイトHOME‘Sや某大手不動産ポータルサイト、地域ポータルサイトなど多数。
2016年8月にiYellにJOINしCTOに就任。

入社のきっかけを教えてください

当時iYellのシステム開発責任者をされていた千歳さんと以前お仕事でご一緒したことがあり、立ち上がったばかりのベンチャー企業がシステム周りに詳しい人を探しているということでご紹介をいただき代表の窪田さんお会いしたのがきっかけです。
金融機関で役員をされていたということで硬い方かなと思っていたのですが、会ってみるとすごく気さくな方で人を大事するという思いに共感し入社を決めました。

事業内容よりも人で選ばれたということですか?

一番の決め手はそうですね。
ただ、私自身も不動産系のサイト運営に携わっていたことがあるのでその経験も活かせると思い参加を決めました。

不動産系のサイトというお話ですがこれまでの経歴を簡単に教えてください

大学が情報系の学部だったので学生時代からプログラミングを行ってきました。
社会人になってからもエンジニア一筋でやってきましたが、不動産系のサービスだとHOME’Sの運営会社で3年半エンジニアとして常駐しました。
自社に戻ってからも大手賃貸サイトの受託開発をしましたが、そのような不動産ポータルサイトでの業務経験が当社でも活かせると思っています。

いちプログラマーとしてやってこられたんですか?

もともとはいちプログラマーでしたが、HOME’Sに参加して1年を過ぎたころ開発チームのリーダーを任せていただきました。
前職に入社後は役員と二人で開発部署を立ち上げ、受託開発を始めました。HOME’Sの開発経験を活かし、大手賃貸サイトの受託開発なども担当させていただき、最終的にはCTOを任せていただくことができました。

お仕事をされる上で気をつけていることはありますか?

ITの世界は技術や情報の進歩がとても早いので、そのスピードに置いて行かれないように情報収集には気をつけています。
プロジェクトリーダーという視点だとメンバーのレベルの底上げを意識していますね。
エンジニアにも得手不得手があるのでどうしてもばらつきが出てきてしまいます。
システム開発はチーム力が重要です。チームの底上げを図りパフォーマンスを最大限発揮させることが私の使命だと思っています。

今後iYellでチャレンジしたいことなどはありますか?

まずはきちんと開発のチームを立ち上げていきたいです。
フラットな関係性で積極的に意見を出し合い、切磋琢磨しながらお互いに成長していけるようなチームを目指しています。
また、プロダクトに関しても積極的に新しい物を取り入れつつも技術に寄り過ぎず、不動産屋さんが魅力に感じるサービスや使ってくださるユーザーが使いやすいサービスを意識して開発を行っていきたいと思います。