お知らせ

【出展レポート】ジョンソンホームズFC全国大会にiYellのブースを出展しました

テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「iYell」)は2019年4月23日に開催された、株式会社ジョンソンホームズ(本社:北海道札幌市、代表取締役:山地章夫、以下「ジョンソンホームズ」)の全国の加盟店が参加するFC全国大会にブースを出展しました。

 

《 背景 》
輸入住宅等で現在300棟を完工するジョンソンホームズは、2000年に新築FC事業に参入し、現在は3つのFCブランドを「ジョンソンパートナーズ」として展開し、利益が残せる事業ノウハウを提供しています。
ジョンソンパートナーズでは、一方的・画一的な支援ではなく、加盟店のニーズや悩み沿って、各店に合わせた経営戦略を立てて目標達成へと導いています。

iYellは、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」を提供しており、アプリを通して住宅事業者の住宅ローン業務を、住宅ローンのエキスパートが担当することで、業務の効率化を図ることができます。また、住まいに関するニーズのある顧客を抱える企業は、住宅ローンのノウハウがなくても自社の顧客に対し住宅ローンサービスを提供することができます。

今回、ジョンソンホームズ加盟店が抱える住宅ローン業務の業務効率化のサポートができるのではないかと考え、iYellが提供するスマートフォンアプリ「いえーる ダンドリ」紹介ブースを出展しました。

 

 

《 当日の様子 》
ブースには多くの加盟店のみなさまにお越しいただきました。今回ご相談いただいた加盟店が持つ課題と、それに対して「いえーる ダンドリ」でできることを一部ご紹介します。

Q.住宅ローン業務は営業担当者がそれぞれ行っているため、住宅ローンに関する知識やスキルにばらつきがある。
また業務が属人的になるため、引継ぎが発生した際のキャッチアップに時間がかかってしまう。
A.「いえーる ダンドリ」は案件ごとにステータス管理を行うことができるため、進捗状況がアプリに記録されており、進捗状況を簡単に把握できます。
また、金融機関、住宅事業者出身の住宅ローンのエキスパートがサポートし、引継ぎの情報を新担当者にフィードバックすることができます。

Q.住宅ローンの申し込みや契約手続き等に営業担当者の工数が多くとられてしまっている。
A.住宅ローンに関する手続きや業務は「いえーる ダンドリ」がすべて引き受け可能です。お客様へのご連絡やサポートもお客様のご希望の連絡手段(電話/テレビ電話/メール/チャット等)で丁寧に対応します。

Q.いつも同じ金融機関をお客様に紹介しており、他の金融機関や住宅ローンに関する広い知識がない。
A.iYellは全国の金融機関の1000以上の商品の取り扱いが可能です。お客様のご希望や条件に合わせて、最適な住宅ローンをご紹介します。

 

《 今後の展開 》
今後もiYellが提供する「いえーる ダンドリ」を直接ご紹介する機会を設け、住宅事業者様1社1社とお話をさせていだき、住宅事業者様の住宅ローンに関する業務効率化をサポートしてまいります。