お知らせ

iYell株式会社が、東京オリンピック サーフィン日本代表の正式強化指定選手「加藤 優典(かとう ゆうすけ)」とスポンサー契約を締結

 後悔しない家選びをサポートするWebメディア『いえーる すみかる』や、信頼できる不動産会社を探せる口コミサイト『いえーる コンシェル』を運営するiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「当社」という。)は、東京オリンピック サーフィン日本代表の正式強化指定選手「加藤 優典(かとう ゆうすけ)」とスポンサー契約を締結しましたのでお知らせいたします。

東京オリンピック サーフィン日本代表の正式強化指定選手 加藤 優典氏(写真:右)と当社代表取締役 窪田(写真:左)

東京オリンピック サーフィン日本代表の正式強化指定選手 加藤 優典氏(写真:右)と当社代表取締役 窪田(写真:左)

<サーフィンは東京オリンピックで正式に追加種目として決定>

 2016年8月3日にブラジルのリオ・デジャネイロで行われたIOC(国際オリンピック委員会)総会で、サーフィンが2020年の東京オリンピックの追加種目として正式に承認されました。サーフィンは世界的にも競技人口が増えている注目のスポーツです。

<加藤選手のこれまでの活躍と今後の展望>

 大阪で生まれ育った加藤選手は2008年、小学校4年生の時に父親の影響でサーフィンを始め、5年後の2013年に大阪から練習環境の良い宮崎へ移住して活動を本格化しました。その翌年の2014年にはジュニアオープン選手権大会で4位入賞。またサーフィン界の甲子園と称される全日本サーフィン選手権大会で2015年に準優勝、2016年に優勝してオリンピック日本代表の正式強化指定選手に選抜されました。

 サーフィンはオリンピック正式種目として注目を集めているものの、「怖い・チャラチャラしている」といったイメージが未だに強いことに加藤選手は遺憾の意を示しています。その状況を払拭したいという想いから、サーフィンの”スポーツとして”の認知度を上げてサーフィン業界全体を盛り上げるための様々な活動に取り組んでいるアスリートです。

<スポンサー契約の背景>

 当社の事業領域である不動産業界に対する多くの一般消費者のイメージは「怖い・よくわからない」というものが大半です。そこで当社は、不動産業界の信頼性を向上することを目指して日々邁進しております。業界は異なるものの、マイナスイメージのある業界を改善したいという共通の目標を持つ加藤選手に共感し、この度スポンサー契約を締結する運びとなりました、

<当社がスポンサー契約をしているその他の企業等>

 当社は、Dramatic Dream Teamプロレスリング(通称DDT)を運営するプロレス団体である株式会社DDTプロレスリングともスポンサー契約を締結しています。
 プロレスは30代を中心にコアなファンを集めていましたが、ファン以外からは「怖い・よくわからない」と思われていることが多いスポーツでした。DDTはプロレスのエンターテイメント性を高めることにより、これまでのマイナスイメージを失くし、プロレスを多くの人がワクワクできるものへと進化させてきました。

 iYellはサーフィン・プロレスにとどまらず、今後も各業界のイメージ向上にチャレンジする方々を応援してまいります。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

iYell株式会社
〒150-0043東京都渋谷区道玄坂2-16-8 道玄坂坂本ビル5階
Tel. 03-6455-1005 Fax. 03-6455-1004
▼メールでのお問い合わせはこちら▼
https://iyell.co.jp/company/contact/