経営理念

人の価値をテクノロジーで最大化し
隣の人の明日を笑顔に

様々なテクノロジー革新、特に人工知能に関する革新が急速に進んでいる現在、テクノロジーの進化が「人」の価値をなくしてしまうのではないかという不安を感じている方が少なくありません。もちろん時代の変化とともに「仕事」はテクノロジーで代替されていきます。それは太古の昔から変わらない普遍の流れです。焚火はガスコンロに代替され、人力車は自動車に代替され、帳簿はパソコンに代替されてきました。しかし、このようなテクノロジーが人の暮らしを良くしたことはあっても、人の価値が失われて不幸になったことなどあったでしょうか。

そもそもテクノロジーとは、人がより快適に暮らせるように、人がよりクリエイティブで生産的に活動できるようになるための手段でしかありません。テクノロジーが進化すればするほど、人はより人らしく価値を発揮できるようになるのです。モノが重視されてきた旧世代から、ヒトが重視される新世代に変化し続けているとも言い換えられます。

では「人らしさ」とは何なのでしょうか。その最も象徴的なものが「隣の人を笑顔にしよう」というホスピタリティです。そのホスピタリティが生み出す信頼が人の本質的価値であり、社会を発展させる源泉だと私たちは考えます。

iYell株式会社とは「人が生み出す信頼を社会に伝えていきたい」と思って設立した会社です。人の信頼こそが社会の本質であると私たちは信じています。テクノロジーを活用して人の価値を最大化し、この価値をベースにした様々な事業により社会に貢献してまいります。